未完了のコミュニケーション

喪があけて、年賀状を3年ぶりに書いた。
虚礼といわれて久しいが、それでも年に一度のはがきだけの交換でも、懐かしい人を思い出させる。
思いがけぬ人から届くと何だか嬉しくなるし、返事をすぐに・・・。と思う。
「コミュニケーションはキャッチボール」年賀状もまったく同じ。
返事がないと、どうしたかなー?元気でいるのかなー?病気でもしたろうか?・・・・
などと余分な事を考えてしまう。
キャッチボールが未完了なので、気持ちがスッキリしないのである。
たまには、声の便りでも送ってみようか?
そしたら、きっとコミュニケーションが完了してほっこりするだろう??
[PR]

by healgreen | 2011-01-10 00:44 | 雑感