<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ジャガイモ栽培

ジャガイモを半分に切って、切り口に灰を塗り植える・・・。
久々の晴れ間に特別支援学級の作業学習の風景である。
この灰をつけることで、ジャガイモの芽が伸びやすくなるのだそうだ。
子供達と色々な学習をする中で自分が初体験の事がたくさんあって教えられる。
こんな毎日がとても新鮮である。

冬に植えたパンジーが今を盛りにその美しさを競っている・・・桜も散って新緑も近い・・・
学校は四季折々の花が咲き心をなごませてくれる。

土をいじり、植物を育てる事はその作業を通して人間のこころを本当に豊かにしてくれる。
[PR]

by healgreen | 2007-04-26 22:53

赤い靴

♪赤い靴はーいてた女の子、異人さんに連れられていっちゃった~♪

20数年前にご一緒した先輩が急逝され元同僚達が10人ほど集まり故人を偲んだ。
「赤い靴」はその当時の女性職員の会の名前である。。。墓前でお線香とお花を手向けみんなでその歌を歌った・・・・・・熱きものが頬を伝う・・・・。
長い介護生活にも愚痴ひとつこぼさず、決して人の悪口を言わない立派な先生でした。要職にあるご主人を陰で支え、これからお二人で楽しめる時間がもてそうな時を迎えたばかりなのに、
本当に残念でなりません。。。。いのちのはかなさばかりを痛感するこのごろです。
e0022903_21581197.jpg

[PR]

by healgreen | 2007-04-21 21:58 | 雑感

親孝行

介護休暇をとって最期を看取った友人は、お通夜に伺った私に「最期は2人だけの時間を過ごせたの・・・」とホッとした表情で言った。お父様を早くに亡くされ母一人子一人で頑張ってきた2人は太い絆で結ばれていたのでしょう
いつもお母さんの事を気遣っていた彼女でした。喪服に身を包んだ彼女の姿が何とも健気で・・
介護休暇をとってずっとそばにいてお世話することが最後の親孝行になりました。
「良かったね・・・最期に一緒に過ごせる時間がとれて・・・」と心底思いました。
親はいつも居て当たり前と思っているが・・・・・確実にお互いが年を重ねていくまぎれもない現実。。。。。「親孝行したいときには親はなし」などということわざがあるが何も旅行やお小遣いをプレゼントするのではなく、日常の何気ないふれあいこそが親孝行であるのだと思う。親の近くに住む私に出来ることせっせと励もう・・・ちなみに結婚60周年を迎えた我が両親は健在である
本当にありがたいことである。
[PR]

by healgreen | 2007-04-19 21:07 | 雑感

「ほほほ」を1個下さい。

「ほほほ」を1個下さい。私は2個・・・はい「ほほほ2個ですね」こんな言葉を交わしていると自然に「ほほほ」と笑みが出る・・・楽しいお菓子です。
弥彦神社のすぐそばに名菓「玉兔」のそばに並んでいた。
「ほほほ」ってやっぱりエネルギーを高めてくれる言葉ですね。
e0022903_22124872.jpg

[PR]

by healgreen | 2007-04-16 22:01 | コーチ

弥彦神社の湯かけまつり

角田山から下山しおきまりの温泉は近場の名湯「岩室温泉」へ・・・・ふだんなら日帰り温泉お断りの国指定有形文化財の高級温泉に「高志の湯」ちなみにその昔明治天皇がご宿泊された宿だそうです。本日に限りオッケーという湯上がりのコーヒーつきで1000円の湯はサイコーでした。気分を良くしてここまで来たら弥彦神社にお参りしていこうと何気なく足を伸ばしたが・・・何と一年に一度の湯かけ祭りのまっただ中・・・・何だか幸せを引き寄せて居るような今日は何だかラッキーな日でした。嬉しい楽しいにありがとう!!
e0022903_22425520.jpg
幸せな気分です。
[PR]

by healgreen | 2007-04-15 22:45 | 山歩き

花の角田山へ

久しぶりのハイキングに選んだのは新潟の角田山。
稲島コースから入り灯台コースへおりる周回コース。。。海なし県に住む私達は海は憧れ・・・・・山と海を両方楽しめしかも今日はかたくりの花が一面に咲いていました。
こんなにもすごい群落は生まれて初めてみました。また来てみたい山になりました。
e0022903_22321923.jpg
e0022903_22325336.jpg

[PR]

by healgreen | 2007-04-15 22:33 | 山歩き

沼田公園の夜桜

桜の季節になりました。今がサイコーの満開です。
e0022903_2223276.jpg

[PR]

by healgreen | 2007-04-14 22:03 | 雑感

CHANCEとCHANGE

昨日の入学式に続き、今日は学年のスタートの日。
「学年集会」という学年職員と生徒の集会があり、職員がそれぞれの想いを込めて生徒に熱く語った。同僚の一人がCHANCEとCHANGEについて話した。
進級すると言うことは2年生から3年生へのCHANGE である。。。これをいかにCHANCEに変えていくか・・・・・お気づきですかたった一文字CとGを入れ替えるだけでチェンジがチャンスに変わるのです。CとGのちがいはためらいのTだそうです。何事もためらわず頑張ることで自分の進路が切り開かれる。
うーーんなるほどね。子供達も「なるほど」とうなずいていた。
全員がチェンジをチャンスにかえて良い年にし、義務教育最終学年の有終の美を飾りたいものだ。
[PR]

by healgreen | 2007-04-10 22:34

昔ながらの味噌炊き

手前味噌の言葉通り、我が家の味噌はとっても美味しい。50数年一度も変わらぬ味噌の味。・・・親元を離れた寮生活の時だけは別の味噌だった・・・・だから我が家のみそ汁の味は忘れられない。
自分の家で「味噌炊き」をする家庭がどれほどあるかは知らないが・・・・・・私の住む群馬の田舎sでさえ近所にもあまり居ないから今はとっても珍しい風景かもしれない。
今年80歳になる母がぼそっと「いつまで煮られるかね・・・・・」と。
急に寂しい気持ちになる。材料の分量や、混ぜ方、樽の詰め方それぞれにきっと長年の「こつ」があるに違いない。「母はいつもそばに居る」という疑いもしない事実が・・・だんだんに不安になってくる。
母の技をしっかりとうけつがなくてはならない・・・・しかしそんな準備をしようと思う気持ちも何だか寂しく・・・・・感慨深い一日だった。。。。<(_ _)>
[PR]

by healgreen | 2007-04-08 23:26 | 雑感

青年会議所セミナーに参加

尊敬する安海コーチをお迎えしてのセミナーに誘って頂き、青年会議所ならではの熱き想いを感じながら楽しい2時間半を過ごせた。
新学期の準備で帰宅が遅くなり夕食の準備と重なって参加出来るかどうか、遅刻するのは失礼だしどうしようか迷っていたのだが・・・・すべり込みセーフ。アイスブレイクの肩もみタイムから参加することが出来た。
4人組になり、自分のスピーチを聴いてもらいフィードバックをいただく・・・・。人前では話し慣れているはずなのに・・・話す私に聞く人が3人。何か威圧感を感じて緊張してしまった。
しかし異業種の方や異世代の方とお話するのはとても楽しい。若い方達の夢を聞いていると、私も頑張れそうな気持ちが出てくる。。教え子達が会社社長として苦労しながらも学び続けている姿は頼もしささえ感じ、街中の空洞が嘘のような????このパワーがあれば街中再生も夢ではないと思うが・・・・ちなみにセミナーのタイトルは「スピーチトレーニング」 「教えて下さいあなたの事、知って下さい私の事」でした。これも学校で使えそうです。
e0022903_22585285.jpg

[PR]

by healgreen | 2007-04-08 00:07 | コーチ