三丁目の夕日(我が家版)

年の瀬も押し詰まり、今日は実家の年中行事・・・・・
みなさん「もちつき」です。まさに昭和30年代のまんまです。。。。
あーー写真に納めるべきでしたね。
知っていますか「かまど」に2段のせいろを設置して、薪で餅米を蒸します。
ほどよく柔らかくなった米を臼にあけ・・・・二人がかりでこねます(半殺し状態まで)
次はぺったんぺったん。餅になりまで杵でつきます。
最後は手返しと言って・・・つきてと返しての呼吸よろしく、もち肌といわれるごとくになるまでにしあげます。そして、のし板に餅を広げ、のし棒でほどよい厚さにのしていきます。
一晩おいて、ほどよい固さになった餅を切って箱におさめます。。。。。
百聞は一見にしかず、是非みんなに見せたいものです。
「自宅で餅つき」・・・昔はみんなどこの家でも正月前にやってましたよね・・・・・。
失われつつある風景を実体験できる幸せ。
「母に感謝」またしてもこの食文化を引き継げるだろうか??
[PR]

# by healgreen | 2007-12-30 21:49 | 雑感

介護の現場

今日はひょんなことから介護の現場を見学させてもらった。
一つはデイサービスで行われる「リハビリ施設」まるでスポーツジムのようなトレーニング機器が設置されている。指導員の方が個々にプログラムを作ってマンツーマンで指導してくれるそうだ。
もう一つはグループホーム、9人の方が入所されていた。専門の職員の方たちが身の回りの世話をされていらした。壁に「110歳までがんばる」という短冊がかかれていたので質問すると今、104歳の方書かれたという・・・・・すばらしい目標ですね。
あと50年も生きられるんだね。そこで私も大きな目標をたてた「100歳万歳といえるまで元気で長生きするぞ!!」

しかし高齢化社会といわれ久しいが、本当にたくさんのスタッフがそれぞれの持ち場でがんばっている姿を目にし、「税金をこういうところに生かしてほしいものだなー」と切実に思った。
[PR]

# by healgreen | 2007-12-28 22:29 | 雑感

病院にみる日本の風景

今日は父の病院の検査に付き添った。
循環器の病棟だったので、やはり高年齢の方が多い。中には車いすを介助されている方もいらした・・・・。「高齢者を高齢者が介助している風景」まさに日本の縮図であろうか???
介助している方は胸に名札があり、◎◎ボランティアと記されている。
高齢であっても、「自分自身が健康であれば人様のお役に立ちたい」そんなエネルギーが伝わってきた。父の背中の痛みは心臓からきているのではないかと心配して診てもらったのだが、これは「心臓ではなく整形外科ですね」といわれホッとするやら、じゃあどうしたらこの痛みを取ってあげられるのか????すでに何軒もの整形外科をまわっているのだがよくならないのである。。。。(>_<)困った。。。
[PR]

# by healgreen | 2007-12-26 22:28 | 雑感

榛名湖のイルミネーション

e0022903_0162771.jpg
e0022903_0173125.jpg


マスメディアの威力・・・・。
金曜日忘年会の始まる前にちょっと回り道して噂のイルミネーションを見にいった。伊香保の町から30分くらいかかったがすっごくきれいだったので。。。。。早速日曜日に母を連れて出かけたら・・・・
金曜日と全く同じ時間に行ったのに2時間もかかってしまった渋滞・・渋滞・・・・・。
マスコミの威力は凄いです。
[PR]

# by healgreen | 2007-12-24 00:22 | 雑感

魔法の質問  松田みひろさんから・・・

魔法の質問のメルマガの今日の記事から涙について考えた。
年を重ねたせいなのか最近よく涙を流す。
涙もろくなってきたのか・・・・感情の起伏が激しいのか?デリケートだからなのか?
感じやすいからなのだろうか・・・・・・
いずれにしろ涙を流すことがどんなりゆうからだろうが、マイナスではなくプラスにはたらくことだけは知っている私。。。。。泣いた後はなぜかさっぱりしませんか?


涙には2種類ある。

 プラスの涙と
 マイナスの涙。

 感動したり、嬉しいことがあったら
 プラスの涙が流れる。

 自分に向きあったり、 
 つらい経験をすると、
 マイナスの涙が流れる。

 この2つの涙を流せることで、
 自分がどんどんと、
 成長していく。

 あなたは、
 2つの涙を
 流しているだろうか。
[PR]

# by healgreen | 2007-12-18 23:31 | コーチ

今年一年を漢字で表すと・・・・

「偽」何と悲しい。1年間の総括を漢字で表すと「偽」だという。
確かに偽装問題に日本全国が振り回された。
マイナス面しかもたない漢字にパワーまで落ちてしまいそう・・・・来年は良い年になって欲しい。12月は本当に過去をふり返り、来年に夢をたくす月である。いい年にしましょう!!
[PR]

# by healgreen | 2007-12-12 22:21 | 雑感

パソコン絶望

マザーボードが壊れているらしい・・・・。何ということか。修理に6万くらいかかると言われた・・・・・。ウーーン。このまま古いパソコンでは、スカイプ会議ができないし・・・・。量販店に行き、いろんなパソコンを眺めてきた。。。。進化のスピードの速さは光フレッツなみか・・・・。。。あーー痛い出費・・・・
5年間無償補修サービスに入っておくといいですよーーーって。。あー壊れたパソコンは満3歳・・・寿命の短い事よ。。。。
[PR]

# by healgreen | 2007-12-12 02:22 | 雑感

パソコンがクラッシュ(>_<)

パソコンが・・・・・涙。。。
何とハードディスク壊れた・・・・あーー。困った。
まず、メールが読めない送れない、ネットが使えない、スカイプが使えない
困った・・困った・・・。夜の10:00「帰りに寄ってみますよ」
と困った時の○○頼み。。。昔なじみの社長さんが寄ってくれた。
あれこれいじってみたものの結局「多分、クラッシュでハードが駄目かも」
仕方なく古いパソコンを持ち出してとりあえずメールの送受信が出来るようにしたのだが・・・・・何といっても膨大なデータが消えた。
メールアドレスさえわからない・・・・困った・・・・。
メールが来るのを待つしかない・・・・・本当に困った。。。
バックアップをとっておくのは当たり前なのになのに・・・・
私にとってパソコンが生活必需品であった事をあらためて感じた。。。。。困った・・・修理ができるのだろうか????
[PR]

# by healgreen | 2007-12-10 22:42 | 雑感

初体験・・・「大腸ファイバー」レポート

ドックで精密検査を指摘されて「大腸ファイバー」の検査を受けてきました。。。。。この歳になっても初体験ってあるんですね良い経験をさせてもらいました。「案ずるより産むが易し」の言葉通り、内視鏡は思ったより楽々でした。お医者さまの腕が良い事がまず一番でしょうが、私にとって何が良かったかって・・・・・検査室前の廊下で看護士の親友がついてくれていた事で安心感が10倍くらいあったから検査も緊張せずできたのだと思います。貴重な休日を私のためにさいてくれた友の優しさに感謝感謝。本当なら主人がいてくれて当たり前・・・今の私にそれは望めなく、主人は家でそれなりに心配していたようだが。
検査前に「ポリープがあれば、すぐその場で切ります。その場合は年のため一泊入院となります」そう言われていたのでおそるおそるの検査だった。
 検査よりもその前段階の大腸をきれいにするために下剤入りの水を2時間かけて2リットル飲む事の方が大変で・・・・飲む・・・トイレにかけこむ・・の繰り返しでした。一緒に検査を受ける人もいておしゃべりしながらの2時間でしたが・・・7~8回のトイレで排出物が水のようになるまで・・・・大便の色や形にこれほど関心をもって見つめたことはありませんでした・・・・・思い出してもおかしな光景です。
結果オーライで、また元気でがんばれそうです。
[PR]

# by healgreen | 2007-12-07 23:41 | コーチ

信頼から生まれる力

北京オリンピックの出場を決めた。ダルビッシュ先発ながらやや不調で心配しながら観戦した。
何だか高校野球を見ているような選手達の真剣なプレーにこちらも真剣に見入ってしまった。学期末の仕事が頭をかすめながら勝利の瞬間まで見届けた。(^_-)
しきりに「信頼」と言う言葉が解説者から聞かれた。。監督が腹をくくって、「責任は俺がとるから、思い切ってやれ、おまえの力を信じている」そんなニュアンスだった。
人は信頼され、期待されると不思議な力を発揮するようだ・・・・・。
逆に、あてにされなかったり、信じてもらえなかったら、やる気さえおきないだろう。
星野監督の勝利のインタビュー、感極まり鬼の目に涙・・・。我々の想像もつかないプレッシャーがあっただろうが、チームが一つになって戦ったすがすがしさがあった。
「夢や希望を与え続けたい」・・・・星野監督の素敵な言葉だった。
[PR]

# by healgreen | 2007-12-04 00:13 | 雑感

星野japann韓国戦勝利

たった今、終わりました。思わず見入った韓国戦・・・4対3・・・見事勝ちました!!
「77番」星野監督のナンバーいいですね・・・ラッキー7ですよ。
ラスト明日の台湾戦このラッキーナンバーで勝利を導いて欲しいですね!!
[PR]

# by healgreen | 2007-12-02 23:17 | 雑感

ふるさとの山・・三角山

通称三角山・・・・本当に三角である。登山口から1時間ほどで登れる、足慣らしの山として親しまれている。。。。ついこの間その山が別名「年金山」と呼ばれているという話しを興味深く聞いた。なぜって・・・退職して年金暮らしの方々が健康のために毎日登っているからだそうだ。
 年金暮らしが年金暗しにならないように過ごすには山歩きは格好の趣味であろう。。。
健康に良い、お金があまりかからない、仲間ができる。・・・・しかし年寄りの冷や水にならないように安全だけには気をつけなくてはならない。
この親しみやすい三角山が明日12月1日のみライトアップされるそうだ。
商工会議所の青年部の皆さんの努力のたまものらしい・・・・・明日が楽しみである。。
[PR]

# by healgreen | 2007-11-30 21:44 | 山歩き

誕生日

一年に一度の事だけど、いくつになっても何か感じるものがある誕生日。。。。
この一日が◎歳の終わりであり、○○歳のスタートになる。
一年の長さ(日数)が変わらないのに、感覚的には年々早く過ぎるような気がする1年間。
これは当然なんですね。最初の1年は生きてきた1年分の1、10年生きれば10分の1、30年生きれば30分の1、50年生きれば50分の1ですから。
ポストに1枚のバースディカード・・・・気配り上手の心優しい友から。嬉しいものです。。。
マイミクシィには、まだお会いしたことのない方からのメッセージ・・・・これもまた嬉しいものです。
家族と一緒の食事会・・・・これもまた嬉しいひとときです。
健康である事の幸せを一番感じる時ですね。
「57歳にして立つ」現在の年齢は昔の人の8割と考えると、まだ45歳・・・・・
いよいよ、これから私の夢の実現に向けて前進します。。。皆さん見ていて下さいね。。。
e0022903_030688.jpg

[PR]

# by healgreen | 2007-11-27 00:31 | 雑感

良い夫婦・・(*^_^*)

11月22日は「良い夫婦の日」語呂合わせよろしくイイ感じ??
結婚式での誓いの言葉・・・・・「健やかなるときも病める時も汝は○○を愛し・・・・・・」高齢な両親を見て、日々感じる夫婦の姿。2人でスタートし子供を介して家族がふくらみやがて元の2人の生活にもどる。。。そんなとき、お互いにやってきたことを尊敬しあえ、支え合えるのがイイ夫婦なのだろう。。。。五十路をすぎて来し方を顧みてそれぞれがそれぞれの良さを認め合いお互いのやりたいことを邪魔せず見守りあえること・・・・・それにはコミュニケーションが大切。。。言わなくても分かってくれるだろうは誤解のもと。
言いたいことを言い合えるのがイイ夫婦かな???
まず、会話の量を増やしてみませんか?やがてその量は質に変換していくそうです。
[PR]

# by healgreen | 2007-11-24 02:46 | コーチ

宿題って?

子供の宿題を親が変わりにやる。。。。
小学校低学年ならいざしらず中学生とも有ろう者が・・・・(>_<)
やってしまう親も親なら・・・それを平気でやってもらい・・・・さらに平気で提出する・・・・・・子供も子供だ・・・・・。大人の文字か子供の文字かバレバレなのに・・・・・

そんな馬鹿なと思ったが・・・実際に起こっていることだ。。。。
皆さんどう思いますか?
[PR]

# by healgreen | 2007-11-22 00:16

紅葉に初雪

真っ赤な紅葉の葉っぱに真っ白な雪・・・・昨夜からみなかみ町は雪が降るという天気予報に・・・へーーもー初雪と思っていたら、我が町沼田にも初雪です。
れいねんだと12月に入ってからなのに今年は18年豪雪につぐ寒い冬になるのだろうか???
タイヤをスタッドレスに変えたり、灯油を準備したり・・・・それにしてもガソリン1リッター150円は高すぎ・・・・。1万円札出してもおつりが・・・・・トホホの時代。。。何とかして欲しいよーー。
家計が紅葉の如く真っ赤ではお話になりません。。。。(T_T)
[PR]

# by healgreen | 2007-11-19 20:28 | 雑感

スピーチの長さと中味の濃さは反比例??

結婚披露宴でのスピーチはとても勉強になる。。。。言いたいことを簡潔に伝えるしかも心のこもった言葉で。。。。乾杯前の主賓の挨拶はとても重要。。。。昔からスピーチとスカートは短い方が良いとされているが、それがなぜなのか・・・・ながーーーいスピーチを聴いてヨーーク分かった。これから開宴となるわくわく感楽しみ感が30分も待たされたら思わずあくびさえでそうになる。。。。もう聞きたくないと耳がふさがってしまうのである・・・こうなったら何を言っても心に残らないだろう!!
長いと言いたいことが何か焦点がぼける、話したいことがたくさんあるのはわかるのだけれど長くなればなるほどでは話が冗漫になり、「一体あなたは何が言いたいのですか?」と聞き返したくなる。
伝えたいことを伝えるために伝える技術を身に付けることって大切ですね。でもそれ以上に伝えたいハートが大切です。
あなたはなにを誰にどうやって伝えますか???
[PR]

# by healgreen | 2007-11-18 22:51 | コーチ

介護者の基本

同窓会での話題から・・・・・・認知症のお父様の介護の為に退職して、一緒に生活した経験談・・・「何でお父ちゃんがこんな事に」と悲しいやら切ないやら何度大泣きした事か、でも、自分は父のすべてを受け容れられた・・・・・。「いい?相手の言葉を否定したり叱ったりしたらダメよ・・・・。相手の言葉を繰り返すだけでオッケーよ。」まさにコーチングで言うリフレイン。
おしっこを漏らしたりうんちをもらしたりしたときに・・・・「あー、ごめんね、自分がもっと早く気がつけばよかったんやねー、かんにんね。病気になるといけんからすぐにシャワーできれいにしようねー」大阪弁のもつ特有の丸みや温かみのある言葉とその心底からわき出る愛情に裏打ちされた優しい言葉をかけられたら、病人さんもきっと気持ちよく過ごせたに違いない・・・・・。「生徒の面倒をみるのも良いけど、ワシの面倒も、みてほしいなー」そのたった一言で退職を決意したという話を聞き、「うんうんそうだそうだ」と共感しながら、彼女のようにすべてを受け容れ、思いやりのある態度をとれるようになるにはまだまだ修行が足りないな?????
[PR]

# by healgreen | 2007-11-15 22:40 | コーチ

ギャップ

e0022903_2339780.jpg
ホテルの窓のカーテンを開けたら眼前に都庁が・・・・。夜には全く気づかなかった風景が広がる
コンクリートジャングルなどと言う言葉は言い古されたが、まさに・・・・・。
これが経済繁栄した日本の姿???田舎者の私は緑が恋しかった・・・・息苦しさを感じるのも田舎者のせいかな???お金があれば楽しい社会かもしれないが・・・・それが豊かともいえず・・・・しかし田舎と都会のこのギャップを突きつけられた感じがした。
まるで別の国の風景でした。
[PR]

# by healgreen | 2007-11-12 23:44 | 雑感

日体大バレー部同期会

36年===前にタイムスリップした1泊2日の同期会。。。。。苦しかった当時の思い出・・・同じ時、同じ空間を共有し、同じ体験を一緒にした仲間達。。。。同じ釜の飯を食った同期会。短大生6人に学部生5人が集合した。残念ながら欠席は3名。
出かける前はみんな変わってしまっているんだろうなーと思いながら会ったその瞬間に溶けあってしまう不思議なメンバー達・・・・・・遠くは大分、佐賀、大阪、山形、から駆けつけてくれそれだけでも嬉しかった。。。現役の教員も多いが卒業以来専業主婦の仲間もいる。
それぞれ良い時を過ごし、子供の独立がまっただ中の私達。改めてこれからの生き方を模索している。。。。。でも、みんながみんな口をそろえて言う言葉「あの日体大バレー部の2年間・4年間があってこそ今の私達がある」奴隷と呼ばれた1年生、2年になって初めて人間になれ。3年天皇、4年神様・・・の縦社会・・・・・。今だから笑って話せる事も当時は地獄だった・・・でも辛い苦しい練習もこの仲間がいたからのりこえられた・・・・・あのきつい練習、精神的苦痛をけいけんしていたらちょっとやそっとではへこたれないよね・・・・・。
自己基盤を磨いてくれた「日体魂」みゃくみゃくと息づいている。
[PR]

# by healgreen | 2007-11-11 22:34 | 雑感

子供が嘘をつくとき

今朝、学校についたら「先生傘立ての大きい花瓶が割れてます」・・・「えーー、どうしたの」と早速駆けつけてみると、花瓶が倒れ割れている・・「どうしたんだろう??」「誰か知ってる?」「しりません、僕たちが部活を終えて来たら割れてたんです」「えー、じゃあ昨日の事なの」「はい」「どうしてその時言わないの?」「・・・・・・・。」そういえば面接中だったから報告もできないなと納得したのだが子供達の様子がおかしい・・・・。
つじつまの合わない事を平気で答え、何とか自分ではないと言うことを主張する。。。詰問調になればなるほどかたくなになり口を閉ざす。。。。「叱られたくないんだな・・・・」
質問を変える・・・・「でもさー、誰だってわざと倒す人はいないんだから、ぼっと何かの弾みでたおれたのではないの?」と優しい口調で語りかける。。。。何かホッとした表情になる。。「実は・・・・・」と言って語り始めた真実。
  子供は大人の目がごまかせると思って嘘をつくことがある。「悪い事をしたら叱られる」「分からなければ黙っていよう」先生が怒れば起こるほど口をつぐむ。。。。。先生に怒られる==それは自分にとって凄い不利益だ・・・・・・。だから黙っていよう。。。。でも先生も自分のしたことを分かってくれそうだ、そう思うと少し安心して真実を話してくれる。。。。共感的理解が大切です----本日、特別支援学級での一こまでした----
[PR]

# by healgreen | 2007-11-09 22:52

支え合える友

つい先日、落ち込んでいる私の姿を気にかけて食事会を開いてくれた友が居る。。。。
「そこまで来たら車があるから久しぶりに立ち寄ってみたよ」と手作りジャムを片手に顔をのぞきに来てくれた友がいる。。。。「みどりさんのブログと同じ言葉に出会ったよ」とはがきをくれる友がいる・・・・。家族の病気で相談事があるとそのたびに親身になって答えてくれる看護師の友がいる・・・・・・・本当に感謝、感謝の日々である。。。。。こんなにもたくさんの愛情に支えられどん底に陥りそうになった私ははい上がる事ができた。
みんなに支えられてばかりの私。。。。少しでも、どんな些細な事でも今自分に出来る精一杯の事をやって誰かを支える自分になりたい。。。。。
[PR]

# by healgreen | 2007-11-09 22:29 | コーチ

病院の待ち時間

今日は休みをいただき精密検査の予約に出向く。
問診は5分程度だったが・・・・受付をして内科の先生にたどりつくまでに1時間半を要し、その後血液検査・会計と1時間かかり8:30分に家を出て、検査予約がすみ病院を出たのが11:00・・どうしてこんなにも待たされるのだろう???需要と供給のバランスなのだろうが健康な私が行ってもうんざりなのだから、体調の悪い人はかえって悪化してしまうのではないだろうか??
さてさて、大腸ファイバーなるものの予約をしたものの・・・・何だかなー。。前日に下剤を飲み検査当日は2リットルもの液体の下剤を飲み腸をきれいにしてからの検査になるという。。。。
考えただけでもぞっとするが、、、、ほっておいて重大な病気が隠されているのを見逃すのも困る。。。。。。そんな事を考えていると先輩の先生にお会いした。インフルエンザの予防注射に来たが予約しないできたのでもう1時間も待たされているという。。。。。「しかし病院とは仲良くしときなさい。。。。病院嫌いで早死にした友達がいるんだ」「再検査というのは、健康に対して自信過剰にならないように警鐘ををならしているのだよ、検査して安心することが大切さ」・・・確かに今の医術は進歩しているのだからだいたいの病気は早期発見すれば治る・・・病院を信ずることかな。
[PR]

# by healgreen | 2007-11-08 20:27 | 雑感

三者面接

11月に入ると中学校では「三者面接」が行われる事が多い。三者とは生徒・担任・保護者の三者である。中学三年生では特に話題となるのが進路先の決定である。
義務教育を終えてどういう道を歩くか、生徒にとっては人生最初の大きな決断になるであろう!
 親子を前にして話す時、よく感じるのはその人間関係である。
普段どんな会話が交わされて、親と子の人間関係がうまくいっているのか・・・・ぎくしゃくしているのか???親が子供の指示命令者なのか、良き共感・理解者なのか・・・・・。それによって話の持って行き方も変わって来る。
この三者面接にはコーチングの「聞くスキル」「ゴール設定」が非常に役に立つ。
ヴィジョンを描き、そこへ到達するために今何をやるべきか???
このヴィジョンがうまく描ける子は行動を起こす。いつまでに何をやるか。ゴールの先は何があるか・・・・・生徒と一緒に「未来を語る」ことは難しい作業ではあるが夢を語れる素晴らしい職業だと改めて思うし、その責任の重大さもまた改めて思う。。。。「秋の日はつるべ落とし」と言われる今日この頃長引いた面接で真っ暗の中家路に急ぐ。。。
[PR]

# by healgreen | 2007-11-07 23:02 | コーチ

ふるさと再確認

「国指定天然記念物  薄根の大桑」地元にいながら、今日初めて「大桑」に会いに行った。
自分の想像をはるかに超え、それは青空に腕を広げ雄々しく立っていた。
屋久島の縄文杉には負けるけれど、おおよその樹齢1500年とか・・・・・・。我がふるさと沼田はその昔、養蚕農家が多く、農業を長く支えてきた。蚕の事を「おかいこさま・おこさま」と呼び現金収入の少なかった当時の農家にとっては蚕は神様のように扱われた。桑の枝から葉っぱをしごいて蚕に食べさせる仕事は子供達がよく手伝ったものだ。
「富岡製糸」が世界遺産登録を申請するにあたって、この大桑も付属として入れて申請したようだ。こんなに近くにこんなに素敵な大桑が・・・・灯台もと暗しとはまさにこのこと
自分の足元のもっと目をむけなくては大切なものまで見落としそうである。
 その昔、私の身の回りにはいつも桑畑があった。「桑の実」通称「どどめ」と言われたその実は子供の頃、学校帰りにつまんでは食べた。。口の周りが赤紫に染まってしまうので、すぐにばれてしまう。もちろん木になる実をそのまま食べるのだから衛生上好ましいとはいえなくて、親や先生には「食べてはいけない」と言われていたが・・・・・・。

そんな昭和の故き良き時代を回想した「三丁目の夕日」がヒットするのもうなずける。。。。。。

e0022903_2329169.jpg

[PR]

# by healgreen | 2007-11-04 23:31 | コーチ

年も年ですから・・・・・

「年も年ですから・・・念の為精密検査しておいたほうが良いと思いますよ」とドクターに言われ・・・いくら自分で若いと思っていても客観的にはそれ相当な年齢であったことに愕然。

それはそうです50代も後半ですからボディの内も外もそれなりのメンテナンスが必要な時季ですよね。
ドックに言って安心したい反面悪いところが見つかると気落ちする。。。。
長生きしたくて検査に行くのに宣告されるたびに寿命が縮む思いである。。。。
数値が平均値よりわずかはみ出ても不安は免れず
しかも再検査の方法が複雑なものや痛みの伴いそうなものには心が拒否してしまう。
いっそのこと知らぬが仏が良かったのか???
[PR]

# by healgreen | 2007-11-03 00:05 | コーチ

会話のすれ違い

明日は人間ドック。。食事をして良い時間は8時まで・・・・・と思いながらも会議が7時までかかってしまった。1時間で家に帰り食事の準備をし食べ終わらなければいけない。会議終了と同時に私の頭は・・・・「早く家に帰らなくてはならない」という思いでいっぱいになる。。。そこへ、A氏「この書類を書いてって」と言う言葉「えーっ」私の頭は早く家に帰らねばならない・・・・その書類は緊急を要しないと言う判断から。。。。。「もう遅いので明日でいいですか?」・・・・「いや今書いて行ってくれなければ困る」・・・・・えーっ、何という思いやりのなさ、「会議が長引いてすみませんね・・・明日気をつけて行って下さい、書類は帰ってきてからでいいですよ。」私は当然の如くそんな言葉を期待していた。
A氏の頭の中は「この書類は今書かねばならない」という思考以外なかったようだ・・・・そこに私が明日ドッグへ行くので夕食を急いでいるという事情は知っていても全く聞く耳持たないのである。
「○○せねばならない」同志がぶっつかりあうと会話はすれ違い、いつしか感情のすれ違いになる・・・・・あーーそれにしても今日はツカレタ。。。。(>_<)
[PR]

# by healgreen | 2007-10-31 22:24 | コーチ

「一日一生」

若いコーチの集まりで・・・「若くっていいですね・・・未来が明るいですよ」って言ったら・・・・「えーっ、そんな事ないですよ」「明日、どうなるかわからないし、私が明日死んで、もしかして阿部さんが120歳まで生きるかもしれませんよ」と言われた。そういわれればそうだけど・・・確率は低いよね。
そんなとき、千日修業を終えた大あじゃりのお話「一日一生」を思い出した。
明日の我が身はわからない・・・生きてる今日を大切にする事。今日を精一杯生きる事・・・・・・。今日で終わりかもしれないと思って人と接したら・・・・その1秒1秒の刹那さえもいとおしく大切にすることだろう・・・・。
大切なものって失って初めて分かることだから・・・・。
[PR]

# by healgreen | 2007-10-30 22:37 | コーチ

質問力プロデューサー

「マツダミヒロ」さんのセミナーに参加してきました。
参加者は20数名のコーチ・・・・CTP、CTI、CTCと色々な教育機関で学習してきた多彩なメンバー達・・・きっとその中の最年長参加者だったかもしれない。
若さいっぱいのパワーをいただきながら私は私の良さを発見出来た・・・。
つまり年を重ねてきたこと・・・・経験してきたこと・・・・・。これはきっとどなたかのお役にたてるのではないだろうか。・・・・・私のコーチとしての信条①親が変われば子供も変わる②家庭が変われば地域が変わる③地域が変われば日本が変わる④日本が変われば世界が変わる・・・・・みんなが笑顔いっぱいの幸せに満ちあふれた世界に・・・・・・。
人が人として生きていくために支え合える社会をみんなでつくりましょう!!
コーチは迷っているあなた、停滞しているあなたの行動力をよびさまします。絶対に!!
[PR]

# by healgreen | 2007-10-29 20:51 | コーチ

もしも私にコーチがいなかったら

人生において重要な決断を迫られた時、私は今までどうしていたのだろう???いつもいつも自分に問いかけ、あーでもないこーでもないと堂々巡りで結論が出ず・・・・優柔不断の自分に嫌気がさし、「もうどうでもいいやー」と投げ出していたかもしれない・・・・・・。
「緊急でないけれど重要なこと」を考える時にコーチングは効果的である。。なぜなら考えながら前に進めるから。。。。
今、まさに人生の岐路に立ち、一緒に考え、質問してくれるコーチがそばにいる・・・・たったそれだけで、自信をもって一歩を踏み出せる。。。。
今までに5人のコーチの方にお世話になり・・・・ピンチがチャンスに変わったり、ネガティブ指向からポジティブ指向になったり、行動を早く起こせるようになったり・・・・・何よりも自分の将来のヴイジョンが描け、なりたい自分になろうとしていることコーチの皆様ありがとう!!
・・・・・・私自身の夢であるプロコーチへの道に一歩近づいた。
[PR]

# by healgreen | 2007-10-27 20:42 | コーチ