ハッピーマンデー?  アンハッピーマンデー?

3連休が終わりました。1日目、家事と美容室2日目山行き3日目部活・書道。「敬老の日」とは承知していたのだが自分の事を優先して過ごしてしまった。申し訳程度に、おばあちゃんには電話で、「お彼岸に、敬老の日と兼ねて行くのでごめんね。」などと言っている自分がなんだか情けないね。・・・・ハッピーマンデーなる制度が出来て、敬老の日、体育の日、海の日、成人の日が毎年同じ日でなくなった。3連休で嬉しーー。などと喜んでいるうちに、本来もつべき祝日の意味づけなど何も考えずに過ごしてしまう事が多くなっている気がする。今までは「敬老の日」というと実家の義母が待っているので、出来るだけその日は義母への訪問と決めていた。国民の休日はなんだかその目的に応じた行動をしなくてはいけないような義務感をもっていた。・・・・しかし「このままではサラリーマンにとってはハッピーマンデーが、お年寄りにとってはアンハッピーマンデーになっているのではないだろうか?「杞憂」であれば良いが。
人気blogランキング
今日の順位は?あなたの訪問を待っていました。クリックいただけるとうれしいです
[PR]

by healgreen | 2005-09-19 23:27 | コーチ