講演会「生き方を考える」望月俊孝

中学生に進路指導の一環として、「生き方を考える」というテーマで標題の望月氏の講演をお聞きした。夢を持つことの大切さを力説されていました。『夢なき者は 理想なし、理想なきものは 信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なきものは成果なし、成果なき者は 幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は、夢なかるべからず』(渋沢栄一氏の夢七訓)より、未来の楽しい夢を描く事で、結果につながる。わくわくしたり、熱中出来たり・・・・夢の実現のためなら「勉強って楽しいね」楽しいから瞳もきらきら・・・・力がでてくる。夢を実現できない理由は三つ。①今は出来ない。②このやり方ではできない③一人ではできないそれを解決するのが「宝地図」宝地図の作製をすることで夢の実現に近づく。・・・地図をもっている人生と持っていない人生を比べたら当然地図がある方が良いだろう。1時間の講演を聴き、コーチングとの共通点の多い事にびっくりした。この宝地図をもって、案内人としてのコーチが一緒にいたら、ゴールはきっと近くなることだろう。またまた勉強することが増えてしまった。
e0022903_23143215.jpg
人気blogランキング
今日の順位は?あなたの訪問を待っていました。クリックいただけるとうれしいです
[PR]

by healgreen | 2005-09-20 16:38