人生の転機

健康だけが自慢の夫婦だった私達に重いもかけず主人の病気が見つかった。残された人生を有意義に過ごそうと主人は57歳で早期退職することになった。2004年3月31日。「お父さん長い間家族の為にありがとうお疲れ様でした。」「これからは自分の好きな事をいっぱいして下さ
い」 最後の給料明細を貰った時には本当に涙が流れた。辛かった。本人はもっと辛かったはずだ。
私も退職しなければならないのかと自問自答したが、末娘の大学進学とも重なり、主人の健康状態と相談しながら私はもうしばらく働こうと決めた。
人気blogランキング
今日の順位は?あなたの訪問を待っていました。クリックいただけるとうれしいです
[PR]

by healgreen | 2005-07-10 02:07 | コーチ