「鏡の法則」なぜか涙が・・・・(T_T)

コーチ野口喜則さんのブログにおじゃました。「鏡の法則」という話が載っていた 。A4で32ページにもわたる話なのだが一気に読んでしまった。ここに登場するBコーチが素晴らしい。
いじめられっ子をもつ母親がBコーチとのやりとりの中で、自分自身の人生の宿題に気付き、父親への感謝に気付いたり、子供の頃自分が親に心を閉ざしていた事に気付いたり、夫への思いやりのなさに気付いたり、息子への信頼がなかった事などに気付くという要約するとなんか簡単な話なのだが。。。。この母親の心の変化が手にとるようにわかる、、、そして、何だか私自身の事のような気がして涙が流れてしまうのだ・・・・・。
印象に残った言葉。子供が責められて悩んでいると言うことは、あなたが誰か感謝すべき人に感謝せずに、その人を責めて生きているからなんです。とかあなたの人生の現実は、あなたの心を映しだした鏡そして極めつけ・・・人生で起こるどんな問題も、何か大切なことをきづかせてくれるために起こるんですつまり、偶然起こるのではなくて、起こるべくして必然的に起こる。ということは、自分に解決できない問題は決して起こらない。ふむふむとうなずきながら。。初笑いならぬ初泣きをしてしまった。
[PR]

by healgreen | 2006-01-03 22:55 | コーチ