クリアリング

私は片付けベタである。「どうしたら身の回りがきちんと整理できるようになるのだろう」というテーマで5分間コーチングをしてもらった。やれ、時間がない。やれ仕事が忙しい。共働きだから仕方がない・・・・・。言い訳ばかりを並べたてた自分だった。これが他責というのだそうである。しかし、この結果を生み出したのはすべて私の行為の結果であるという自責を認めるところから自分は変われるそうである。そんなコーチから紹介された本「ガラクタ捨てれば自分が見える」というおもしろいタイトルの本を読んだ。なるほどなるほどと読み進んでいった。とてもおもしろかったので一部分を紹介します。人はなぜものを捨てられないのだろうか?①いざという時の為にとっておくとは、自分の未来に信頼を置いていないことです。あなたの未来はあなたの理念で作るもの。ですから捨てたら必要になるのではないかと心配をすれば、それがどんな些細なものであれ、まったくその通りの状況に陥るのです。つまり、いつも将来の事を心配して精神的に不安なわけです。・・・・・・・。処分した物が突然必要になるという状況は自分がつくりだしているのです。ウーーンそう言うことか。確かにいつか使うからととっておいた物が日の目を見ることは皆無に近い。皆さんはどうですか?今日はそんな意味から気になっていた古くなったベット、使わなくなったマット、加湿器などの粗大ゴミを捨てた。なぜか気分がすっきりした。e0022903_21123398.jpg人気blogランキング
今日の順位は?あなたの訪問を待っていました。クリックいただけるとうれしいです
ヤマユリ
[PR]

by healgreen | 2005-08-01 21:05 | コーチ