さすまたの役目

「不審者対応訓練」・・・安全であったはずの学校が何だか危険にさらされている。。。。池田小事件以来、学校は危機管理のマニュアルをつくり日頃の訓練をしている。
さすまたって知ってますか?今学校では必需品として設置してあります。今日はその使い方の講習会と子供達の避難訓練。警察の方が来校して様々な場面を想定してお話をして下さった。
「110番通報」によってパトカーが現場到着出来る時間は、全国平均で七分だそうである。不審者に対して取り押さえようとか、説得しようとか思わずにとにかくパトカーの来る七分間を持ちこたえる為にさすまたを上手に使って欲しいという話があった。
押さえつけるというよりも、自分と不審者との間に安全であるための距離を置くことが大切で必ず複数人数が必要であり、本当の力になると言うことである。確かにか弱い女性一人では、さすまたなど簡単に相手に獲られてしまう。警察官曰く、「学校の教員はすぐに相手を説得しようとする人がでてくる事が多いが、不審者とっては、その説得が余計に興奮する引き金になるから注意して下さい」という言葉にみんなが爆笑・・・・・うんうんホント説得したがるかもと妙に納得した。
人気blogランキング
今日の順位は?幸せを一緒に探しましょう
[PR]

by healgreen | 2006-06-30 23:38