赤い靴

先日、20数年前に一緒に働かせてもらっていたH先生に偶然お会いした。私たち若輩者を丸えで面倒見て下さった。忙しい中学校勤務の中でH先生は自宅を開放し時々「お茶の会」を開いて下さった。子育てまっただ中の私たち世代はそんなホットする時間を心待ちにしていた。生徒のこと学校の事指導法の事悩みなどなんでも話し合えた。もちろん子供連れOKだったからそれはそれはにぎやかだった。・・・・そんなひとときを過ごす事でエネルギーを充電出来ていた気がする。はてさて、現在あのころのH先生の世代になった私は職場に於いて後輩達の面倒をみているだろうか?20数年前から比べると学校は更に忙しくなり、同僚達とは職場でのつきあいのみになってしまっている。なんだか寂しい。
お会いした時、H先生は赤いポロシャツに白いパンツ赤い靴を履いておられて、靴を指さし「ほら、懐かしいでしょう」って・・・・。そうでしたあのころ「赤い靴」という名前の女教師の会でしたね。私も退職まで5年のカウントダウンが始まったが先輩から教わった「教育の素晴らしさ」「子育ての素晴らしさ」を少しでも伝えられるよう多くの人との会話を増やしていこうと考えた。
人気blogランキング
今日の順位は?あなたの訪問を待っていました。クリックいただけるとうれしいです
[PR]

by healgreen | 2005-08-10 10:04 | コーチ