迷える子羊

e0022903_1371947.jpg
昨夜は久しぶりに友達の電話・・・・結果的には1時間10分という長い話になってしまった。よくある女の長話と違って、内容は深刻だった。30年以上勤務した職場に行こうと思うと「足がすくむ」という。よくよく話を聞けば、仕事上チームを組んで色々取り組んでいて、今まではうまくいっていたのが、最近はお互いのカバーが出来なくなっていて辛い。責任ある仕事だけにミスは許されず、ミスをしたらどうしようと怖くなってしまうのだそうだ。夜勤も辛く、親の介護の負担も重く体力の限界を感じるいっそ思い切って退職をしてしまおうか?でも、退職したら経済的には不安になるし年金でるまで10年もあるし、どうしたらいいか迷いに迷って堂々巡りのようす・・・・・・・・一人で頑張ってきた彼女に更に重い石がのしかかり悲鳴をあげている。鳴門海峡の渦潮の中を一人もがいている姿。40にして惑わずというけれど、いくつになっても人生いつも惑う事ばかり。自分の1年前の姿と重なり思わず「体験を話した」彼女の声のトーンがあがった。「自分と同じなんだ。私だけではないんだ」そんな雰囲気だった。
人生すべて自分の為だけに生きられるなら、こんな簡単な事はない。しかし現実は家族・職場・社会・周りの状況で自分自身の意志を曲げてもやらざるを得ない事がたくさん出てくる。特に女性は母であり、嫁であり妻である立場から、こういう経験を多くする。自分の本意と違うのだから当然ストレスがたまる。そんな時,からだが元気でいたら多少の事は乗り越えられる。しかし体力に自信をなくしてしまって居るときは落ち込んでしまうのである。体が心を支え、心が体を支える。更年期前後の女性のみなさん多くの仲間が同じ悩みを抱えていますよ・・・・・・一人で悩まないでね人気blogランキング
今日の順位は?あなたの訪問を待っていました。クリックいただけるとうれしいです
[PR]

by healgreen | 2005-08-15 01:34 | コーチ